目的

本地区は、宮城県南部にある角田市の東部に位置し、阿武隈川の右岸に展開する農業地域です。

現況のほ場は、1959年(昭和34年)〜1962年(昭和37年)に積寒工事により整備された10a区間になります。用排水路は整備されていますが、近年施設の老朽化が著しくなり、道路に当たっては幅員が狭小であることから、近代的農業経営を阻害している状況にありました。

本事業では、汎用耕地による土地利用率の向上を図ることや、大規模な農地の集積を通して生産性の高い水田農業の確立を図ることを目的として、「区画形状の拡大」、「道路、用排水路の整備」を行いました。

 

edano.jpg
角田市 枝野地区

地積

  普通畑 小計 その他
角田市
枝 野
工事前
205.7
15.2
220.9 26.6 245.7
工事後 196.9 14.5 211.4 36.1 245.7

事業の内容

種目
工種 数量 事業費(円) 工期
生産基盤整備 区画整理工
(標準区画 1ha)
211.4ha 2,265,800,000 自 平成10年

至 平成20年
生活環境整備 集落通路
2路線 61,200,000
農村公園 1箇所
 
  2,327,000,000

効率的土地利用の実践

担い手農家・組織へ、農用地の安定的な集積を図ると共に効率的な営農を実現することを目的に、当事業では一括利用権設定を推進しております。

そのため、集落を単位としてアグリセンター並びに営農改善組合を組織しました。このアグリセンター毎に農用地利用計画を立て、計画に従い農業公社で農用地の利用権設定契約を行い、各農業者へ再配分を行いました。

また、意向調査を行い、アグリセンターで計画を立てて、3年毎に耕作地の指定替えを行うこととしています。

(利用権設定面積:約186ha  参加者:314名 平成20年度より実施)

 

totiriyou.gif