効率的土地利用の実践

担い手農家・組織へ、農用地の安定的な集積を図ると共に効率的な営農を実現することを目的に、当事業では一括利用権設定を推進しております。

そのため、集落を単位としてアグリセンター並びに営農改善組合を組織しました。このアグリセンター毎に農用地利用計画を立て、計画に従い農業公社で農用地の利用権設定契約を行い、各農業者へ再配分を行いました。

また、意向調査を行い、アグリセンターで計画を立てて、3年毎に耕作地の指定替えを行うこととしています。

(利用権設定面積:約186ha  参加者:314名 平成20年度より実施)

 

totiriyou.gif