土地改良区の組合員

土地改良区の組合員

  • 土地改良事業を実施するため、水系、行政単位など一定の地域内の農業者らを構成員として土地改良区が設立されます。
  • 土地改良区は、15人以上の農業者が、土地改良事業や土地改良区の概要について受益地内の事業参加資格者の3分の2以上の同意を得た上で、土地改良事業計画や定款等について都道府県知事の認可を得て設立されます。この場合、事業参加資格者は全て組合員として強制的に土地改良区に加入となり、また、事業に要する費用は、全ての組合員に賦課徴収することができます。

17.jpg